🧂人工甘味料の新しいガイドライン


こんにちは。
さくら鍼灸整骨院・整体院・心癒庵・KADIN CHE LA〜beauty & health〜 代表の木藤です。

時間的には「こんばんは」の方がいいのかもしれませんが(笑)
先週は「書かないとー」と思いながら、氣がつけばもう週末でした^^;
しっかり計画を立ててしないといけないですね。

スケジュール立てと言いましたら、最近読んでいる本の中で「まずはバッファを決める」とありました。
この「バッファ」とはスケジュールを立てる際に余裕を持って立てる、という事なのですが、1週間のスケジュールを立てるのに、ついつい目の前の予定から入れがちかと思うのですが、そうではなく「まずはバッファ(予備となる時間)を決めること」からするといいみたいです。

例えば1週間の予定を立てる時にはまずは「日曜日の午後は何も入れない」という事を決めます。
そうしますと月~日の午前までのスケジュールで消化不良だったモノや出来なかった事が日曜日の午後に回せるんですね。
このバッファの時間があることで、イレギュラーな事が起きても対応が可能になります。

もちろん1週間のスケジュールが卒なくこなせましたらゆっくりするも良し、次の週のスケジュールを少し前倒しにしても良しです。
何にせよ「余裕とゆとり」を持った予定組は必要ですね。

健康に対して意識が高い低いに関わらず「人工甘味料」というキーワードは耳にされる事が多いかと思います。
2023年5月15日にWHOは、人工甘味料に関する新しいガイドラインを発表しました。
メディアやSNSではよく「人工甘味料」と耳にされるとは思いますが、改めて人工甘味料とはなんぞや?というところをみていきたいと思います。

健康やダイエット志向など、日々の食事に氣をつける方も増えてきた影響もあって「糖質オフ」や「カロリーゼロ」と名の付く商品がここ数年増えてきました。
人工甘味料とは、その名の通り「自然に存在しない人工的に作られた甘味料」ということで、砂糖の代替え甘味料として世間では使われている事が多く、食品衛生法では食品添加物の一つとして分類されており、一日の摂取許容量がしっかりと定められています。

砂糖より強い甘みを持つものが多く、摂取エネルギーや食後の血糖値が上がるのを抑えられたり虫歯を予防できたりする効果が期待できるとは考えられているのですが、その反対に食欲増加糖尿病心疾患の発症リスクを高めるリスクもあります。

2023年5月15日にWHOは、人工甘味料に関する新しいガイドラインを発表しました。
このガイドラインでは、人工甘味料を使う際には、体重コントロールのためには推奨されず、成人の2型糖尿病、心疾患の死亡率増加など、長期間使用することで、あまりよろしくない影響が出る可能性を示唆しています。

WHOの担当の方曰く「砂糖を人工甘味料に置き換えても、長い期間でみた場合、体重管理には役立ちません。砂糖を減らす別の手段を検討した方が良い」とコメントをされており、人工甘味料を含む食品や飲料を接種する際には注意するよう消費者に促しています。

また人工甘味料の安全性や効果に関する更なる研究を進めると共に、今後もガイドラインは更新されていくと思います。
そんな人工甘味料ですが、多分一番有名なものは「アスパルテーム」かと思います。
2023年7月に、WHO傘下の国際がん研究機関がアスパルテームについて、発がん性の可能性があるとの見解を出しました。

アスパルテームとは、人工甘味料の一つで、エネルギーが低い、もしくはゼロであるため、これまでは体重の管理や糖尿病の予防などの目的で使われてきました。

IARCはアスパルテームを発ガン性物質のうち「グループ2B」と評価しました。
これは、人における発がん性の根拠は断定的ではあるが、動物試験や発がん機序の研究から、発がん性を示唆する翔子がある、という意味です。


※ダノン健康栄養財団様より参照(https://www.danone-institute.or.jp/mailmagazines/backyear/1136.html

一方で、WHOと国際食料農業機関(FAO)の食品添加物合同専門委員会(JECFA)は、アスパルテームについて、実際に摂取した際の健康への影響を評価しました。
JECFAは、アスパルテームを使用することで健康への悪い影響はないと判断をし、1日摂取許容量(ADI)を40mg/kgとし、一般的に使用されている量では安全性に大きな懸念はないとしました。

まぁ、ここからは個人的な見解ではありますが、そもそも「人工」ということは「自然界に存在しない」という事ではあるので、「安全性に大きな懸念はない」という事は「多少なりとも何かしらの事はあるよ」という解釈です。

とは言え人工甘味料君も人に害をなすためにあるのではなく「便利にする」ためと捉えれば、仮に人工甘味料が身体に悪い影響を与えるとしても、それは人工甘味料君が悪いわけではなく、それを作った「人間」の問題かなぁと思ったりもします。

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!!」

飲む美容液【ケイ素+水素高濃度水溶液】

飲む美容液【ケイ素+水素高濃度水溶液】
価格:5,184円(税込)77 ポイント

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


1月22日(月) 9:00~21:00
1月23日(火) 9:00~21:00
1月24日(水) 9:00~18:30
1月25日(木) 休診日
1月26日(金) 休診日
1月27日(土) 9:00~21:00
1月28日(日) 9:00~21:00

当日予約の場合は必ず「075-604-3838」までお電話をください。
上記以外の時間でも空きが当日出ることもございますので、お問い合わせください。
診療時間(9:00~21:00)以外でも可能な時間で対応をさせていただきますので、その際も一度お問い合わせをよろしくお願いします。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
京都市伏見区のさくら鍼灸整骨院・整体院・心癒庵・KADIN CHE LA〜beauty & health〜では、

産後の骨盤矯正

骨盤矯正

マタニティ整体

不妊・子宝整体

アクシスメソッド

セルフホワイトニング

シータヒーリング®

交通事故

などお一人お一人に合わせた施術をしております。
お身体の事で少しでも何か悩みがございましたら、お電話「075-604-3838」やお問い合わせフォームもしくは公式LINEよりお問い合わせください。

初めての方は予約フォームからご予約も可能です。


こちらから確認をしていただけます。

〒612-8083 京都市伏見区京町5丁目104-6 RUFF京町201号室
075-604-3838
さくら鍼灸整骨院・整体院・心癒庵・KADIN CHE LA〜beauty & health〜 代表 木藤 知弘
公式HP:https://www.sakura-shinkyuseikotsuin.jp/
さくら鍼灸整骨院オンラインショップ:https://tsuku2.jp/sakura0155

関連記事

  1. 🍰意外と知らないグルテン

  2. 産前産後ケアって必要?

  3. 鉛筆やお箸の持ち方は、学校では教えてくれません

  4. 痛みから学ぶことは多いってことなんですよ

  5. 必見!節約術!~食費編~

  6. 5色ルールで栄養満点お弁当作り