アンパンマンとバイキンマンの関係から読み解く身体の不調 その①

さくら鍼灸整骨院〜京都市伏見区で産後の骨盤矯正(産後のケア)、産前産後の『心』と『身体』のケア専門院〜

こんにちは。心と身体を癒やす空間~【さくら整体院・心癒庵・KADIN CHE LA~beauty & health~】の代表の木藤です。

世の中には「善悪」や「光と影」「右左」「上下」「陰陽」などなど2つの世界があってという「二元論」と呼ばれたりもします。

有名なのは陰陽で良く出てくる「太極図」ですよね。
太極図?と思われた方はグーグル先生で「太極図」って調べてみてください。
「あっ、見たことある」と思っていただけるかなと思います。

この太極図は「陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる」ってことを表していると言われています。

言ってみれば、「今悪い状況かもしれないけど、いつかはパッと晴れるときが来ますよ」って解釈もできます。
反対の意味もありますけど…

基本世の中の構造はこの考えでできていると言われていることが多いのかなって思います。

言ってみればお互いがお互いのための存在ってことです。

例えばやなせたかしさんの「アンパンマン」が凄くわかりやすいです。
アンパンマンで言いますと

「アンパンマン=陽」
「バイキンマン=陰」

という関係が成り立ちます。
※実はバイキンマンはいいヤツじゃないか説は横に置いておいてください(笑)

で、いつもの流れでは、バイキンマンが町の方にいたずらをしてみんなを困らせたりしますよね。
そこで正義の味方のアンパンマンが出てきて、最初はバイキンマンにやられそうになりますが、いつも絶妙なタイミングでバタコさんが新しいアンパンマンの顔を剛速球で投げてアンパンマンが復活して

「アーンパーンチ」

で大逆転。
ほぼこのパターンですよね。

しかも、毎回ご丁寧にバイキンマンをバイキン城に送り届けているんですよ(笑)

ここでふと疑問に思いませんか?

どうしてアンパンマンはバイキンマンをやっつけないのか?
もしくは捕獲して閉じ込めないのか?

だって、この方が間違いなく町には平和がやってくるわけじゃないですか。
でもアンパンマン一同はそうしないんですね。

なぜか?

これはやなせたかしさんもどこかで書いておられたのですが、

「バイキンマンがいるからアンパンマンの存在がある」

ということなんですね。

バイキンマンがいるからこそアンパンマンが求められるんですよね。
ですので、アンパンマンがバイキンマンをやっつけちゃうとアンパンマンの存在意味がなくなっちゃうんですよ。

言ってみればバイキンマンをやっつけることでアンパンマン自ら自分の存在意義を無くしちゃうってことなんですね。

なんで、アンパンマンはどんなにバイキンマンが悪事を働いてもやっつけたり、捕らえたりしないんですね。

陰(バイキンマン)陽(アンパンマン)は表裏一体でニコイチですので、アンパンマンにしてみれば、バイキンマンがいてくれないと困るんですよ。

こう考えると、本当はどちらが正義かわかりませんよね。
だって、もしかしたら裏側でアンパンマンがバイキンマンに

「ちょっと手加減してアンパンチするから今日も悪巧みよろしく」

ってバイキンマンにお願いをしているかもしれませんし、ひどいとバイキンマンの弱みを握ってアンパンマンがそうさせているのかもしれませんよね(笑)

なんてちょっと斜め45度からのフォーカスは置いておいていただいてもいいのですが、これは身体に出てくる不調にも同じことが言えたりするんですよね。

ってちょっと長くなりそうなので、続きは次回にしますね。

シリーズ化かよ!ってツッコミはなしです(笑)

関連記事

  1. オンライン講座 卒乳断乳のお話

  2. ~rei-select~子供にとってのお菓子

  3. 🍰意外と知らないグルテン

  4. 母の日『親子でハッピーなヨガタイム♪』

  5. 鳥取・島根の出張カメラマンmatsu 〜ニューボーンフォト編〜

  6. 便秘とは?